"おくりびと"上映会と講演会 小樽佛教会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽佛教会(林勝信会長)は、お釈迦様の誕生を祝う「花まつりの夕べ記念講演会」を5月15日(金)に開催する。それに先駆け、4月23日(木)の映画「おくりびと」上映会に、200名を招待する。
hanamatsuri.jpg 花まつりは、4月8日のお釈迦さまの誕生日を祝う会で、毎年5月に開催している。市内66ヶ寺が加盟する同会は、命を大切にすることをテーマとし、それに合わせた内容での講演会を企画。
 講演会では、納棺師の経験を持ち「納棺夫日記」の作者・青木新門氏を講師に迎え、”「いのちのバトンタッチ」映画「おくりびと」に寄せて”と題して開かれる。その講演会を効果的に聴講するために、4月23日(木)18:00から、イオンシネマ小樽(ウイングベイ小樽2番街4階)で「おくりびと」の上映会を行い、抽選で200名を無料で招待する。
 青木氏は、1937年富山県生まれ。詩人・作家であり、納棺夫を勤めた経験を持つ。著書に「納棺夫日記」や「つららの坊や」、詩集「雪原」などがあり、講演活動も行っている。
 林会長は、「最近は、葬儀の形も変化し、湯灌(ゆかん)の仕事をする人から見た考え方を、今一度、聞いてもらいたい。人は誰でも送らなければならず、すべての人が”おくりびと”となる。亡くなった人を送ることについて聞き、感じ取ってもらいたい」と話した。
 映画「おくりびと」上映会 4月23日(木)18:00
 イオンシネマ小樽 (ウイングベイ小樽2番街4階・旧ワーナーマイカルシネマ)
 抽選で200名招待 詳細
 申込締切は4月8日(水)、当選者の発表は、4月13日頃、当選通知書の発送を予定。
 花まつりの夕べ記念講演会 5月15日(金)開場17:30・開演18:00
 小樽市民センターマリンホール 入場料1,000円・加盟寺院に販売中
 問合せ:090-3774-0243 小樽佛教会・岩崎能成 メール
hanamatusri.jpg