人も車も溢れる小樽! GWで賑わう観光名所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0504gwotaru1.jpg 桜も散った小樽のGWの5月4日(月)は、道内外、海外からの観光客が小樽を訪れ、市内の観光名所は、人と車で溢れ、久しぶりの賑わいを見せていた。
 小樽一の観光名所、小樽運河や堺町通りは、人・人・人で溢れた。周辺の駐車場は、どこも満車となり、空きを待つ車が行列を作り、各所で渋滞が起こっていた。
 運河の記念撮影スポットの浅草橋街園には、国際色豊かに、外国人たちが、入れ替わりで撮影に興じていた。中国語・韓国語・英語・日本語などが飛び交っていた。
 運河散策路もイベント開催時と同じく、多くの人が行き交って運河散策を楽しんでいた。周辺の飲食店や土産物店も観光客で溢れた。
0504gwotaru2.jpg
 道路沿いの寿司店(すしざんまい)も満員状態が続き、「立ちっぱなしで、もう10時間も対応している。従業員は、休憩も食事も取れず、限界に達しているが、GWの今が稼ぎ時なので、頑張っている。身体が持つ間は、握り続ける」と懸命だった。
 また、タクシー運転手は、「車が入り込み過ぎて、あちこちで渋滞しており、通常の倍の時間がかかり、売上げに影響がある」と話していた。
 GWの帰りのラッシュは、6日(水)とみられ、各交通機関の混雑が予想されている。