不透明感増す市の経済動向!商議所の調査報告書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽商工会議所がまとめた平成26年度第4・四半期(1~3月)小樽市経済動向調査報告書が、5月7日(木)に、同所のHPにアップされた。
 同調査報告書は、小樽市内の対象企業218社に、平成27年1月~3月、調査票によるアンケートを行い、回答企業116社、回収率53.2%をまとめている。
 全業種概況では、「業況、売上、採算DI(景気動向指数)のいずれも前年同期比でマイナス幅を縮小、個人消費の回復を期待しつつもプラス要因は乏しく先行きの不透明感は増している」とした。詳細は、下記をクリック。
 平成26年度 第4・四半期小樽市経済動向調査報告