ご当地ゆるキャラに熱い視線 ゆるたべライブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ご当地キャラクターとグルメ、ゆかりのミュージシャンが集結した「ゆるたべライブ」(おたるご当地応援隊主催)を、6月6日(土)に開催し、会場の小樽運河プラザ(色内2)には、1,000人以上の来場者が詰めかけ賑わいをみせた。
yurutaelive1.jpg 小樽のご当地キャラクター運がっぱをはじめ、浦臼町の臼子ねえさん、江別市のえべチュン、札幌のきびっちとテレビ父さん、長万部町のまんべくん、由仁町のユニ殿&そらち姫、京都府のえびすけ、蘭越のシャケ武士、小樽商大の商大くん、北海道新聞のぶんちゃん、NTTのタウンページ君の13体が集結し、ファンを喜ばせた。
 会場では、FMおたるが公開生放送を行い、テレビ父さんやえべチュン、運がっぱのテーマソングを歌うミュージシャン参加のライブを披露し、会場は熱気に包まれた。
yurutaelive2.jpg 運がっぱのテーマソング「おたる運がっぱのうた~きみはともだち~」を作詞作曲した下兼良介さん、振り付けを考案したヨサコイサークル翔楽舞の砂田悠太さんが会場に訪れ、同曲を歌う高橋麻衣子さんとがっぱり隊の子ども達10名も参加し、新曲「がっぱり音頭」を初披露。来場者も一緒に掛け声や踊りで参加しながら、楽しい時間を共有した。
 グルメ会場となる運河プラザ前庭で、サイコロステーキや牛丼、カレー、ホットドッグ、1番庫では、各店自慢のスイーツを提供。
 中庭では、キャラクターが、来場者との写真撮影に応じ、お気に入りのキャラクターをカメラやビデオに収めようとするファンと、キャラクターグッズや限定商品を買い求めるファンで賑わった。
yurutaelive3.jpg
 11体のご当地キャラクターが勢揃いしたフィナーレステージでは、がっぱり音頭を全員で踊り、会場を盛り上げた。
 札幌在住の小学2年生・川本静流さんは、「家でお父さんと一緒に踊りを練習したので、踊ることができ楽しかった」と話し、弟の大河君は、「タウンページ君とえべチュンが可愛かった」と楽しんだ様子だった。
 小樽紙匠堂
 関連記事