姉妹都市提携35周年 ダニーデン市訪問参加者募集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽ニュージーランド協会(西條文雪会長・会員数140)は、ニュージーランド・ダニーデン市と小樽市の姉妹都市提携35周年を記念して、ダニーデン市を訪問する市民親善使節団の参加者を募集している。
 本市とダニーデン市は、1980(昭和55)年に姉妹都市提携を結び、多くの市民や少年少女が相互に訪問し交流を深めている。この度、35周年を迎えるにあたり、3つの記念事業を実施する。
otaru-dunedin.jpg
 1つ目はすでに終了しているが、6月20日(土)の運河マラソンに、秋沢淳子TBSアナウンサーとニュージーランド大使館職員が参加し、ニュージーランドの旗を掲げ友好をアピール。その後、トークショーを開催した。
 2つ目として、10月31日(土)から11月7日(土)まで、ダニーデン・クイーンズタウン・オークランドの3市を訪問する6泊8日のツアーを企画。大人1人299,800円(2名1室利用)で、定員40名を募集。締切は8月31日(月)。2日・3日は、ダニーデンに滞在し、現地の人々との交流パーティーを実施する予定。(写真提供:小樽市)
 3つ目は、11月3日(火)から15日(日)まで、小樽市(小樽運河プラザ3番庫ギャラリー)とダニーデン市で、両市の歴史を辿る写真35枚を展示する写真展を同時開催。ツアー中オープニングを中継する予定。
 西條会長は、「ニュージーランドでは、各国43と姉妹都市提携を結んでいるが、日本の中でも、小樽市とは活発な活動を行っていると評価を受けている。商大生や潮陵生の交流なども進め、両国の関係をより深めたい」とツアー参加を呼びかけている。
 問合せ:0134-32-4111 内線456 小樽ニュージーランド事務局(小樽市総務部秘書課)、0134-33-4455 日本旅行北海道小樽支店