祭りだ、祭りだ、お祭りだ! 潮まつりの3日間

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0724usiofurekomi.jpg
 小樽の夏祭りの最大イベント、第49回おたる潮まつりが、7月24日から26日までの3日間の日程で始まった。
0724usiofurekomi1.jpg
 初日の24日18:00から、”潮ふれこみ”が、山二わたなべ前をスタートし、まつりの幕を開けた。曇天下の蒸し暑い天気となったが、潮太鼓の山車を先頭に、威勢の良いまつり太鼓が市内に響き渡った。
 ミス潮の2人らを先頭に、”潮ふれこみ”の役員梯団が続き、どんどこざぶーんの音頭に合わせ、踊りの波が打ち寄せた。踊りの先頭中央には、初当選した森井秀明市長(42)の姿が見られ、政界での新旧交代を象徴していた。ぎごちなさを感じさせる新人市長の踊りに「市長頑張れ」の声が掛けられていた。
0724usiofurekomi2.jpg
 踊りの輪は、都通り、第1大通りを抜け、第3ふ頭基部の主会場まで続き、19:30から開祭式、20:00から花火大会が行われ、小樽の夏まつりの到来を告げた。
 昨年の潮まつりは、2日目は土砂降りの中、ずぶぬれになりながら”潮ねりこみ”が行われたが、3日目は、暴風雨に見舞われ、初の中止となっただけに、関係者は、今年のまつりの3日間の天気を気にかけていた。
 関連記事