鮭が懸命の遡上! 勝納川の風物詩 (2015/09/24)

 小樽市内の奥沢・真栄・勝納地区をぬって流れる勝納川で、今年も鮭の遡上が始まった。

 勝納川では、毎年9月下旬から10月上旬にかけて、産卵のために遡上する鮭が見られ、秋の風物詩ともなっている。川には鴨の姿も多く見られ、鮭と鴨との二重奏となっている。

 勝納川は、石や岩・階段水路などで遡上を妨げる多くの難関が横たわっており、鮭たちは、新しい命のために傷だらけになりながら懸命に川を上っている。

 急な川の流れに何度も何度も戻されながら、産卵のために懸命に遡上している。鮭たちの体は、栄養分がイクラや白子にいくため、水カビで白くなっている。

 24日(木)は、南樽市場周辺で、懸命に川を遡るサケを眺めることができた。早い水の流れに逆らって、体を左右に揺らしながら何匹もが懸命に泳いでいた。

katsunaisalmon1.jpg katsunaisalmon2.jpg katsunaisalmon3.jpg
     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈