"しんかい6500" 初代パイロットの講演会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 おたる水族館(祝津3)は、3月21日から開催中の特別展「深海」に関連して、9月20日(日)13:30から15:30まで、小樽市総合博物館(手宮1)で、有人潜水調査船「しんかい6500」の初代パイロットによる「深海」記念特別講演会を実施する。
 講師の田代省三氏は、「しんかい2000」や「しんかい6500」両船の初代パイロット。大西洋・東太平洋など、318回の潜航実績を持ち、現在、JAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)海洋工学センター長代理。
 講演会では、太陽の光や電波が届かず、年間を通じて低温・超高圧の深海を300回以上にわたり潜航した経験談を交え、深海の様子やこれからの有人潜水調査船について詳しく語る。
 当初の9月7日(月)までの締切を、14日(月)まで延長。聴講希望者は、官製はがきに、希望者全員の住所・氏名・年齢・連絡先を明記し、おたる水族館特別展講演会係宛(047-0047 小樽市祝津3-303・0134-33-1400)に送付。定員90名。聴講無料、但し 博物館入館料(一般400円・高校生及び市内在住の70歳以上200円・中学生以下無料)が必要。
 深海記念特別講演会
0920shinkai6500.jpg