勤労感謝の日 "プラタナスの落ち葉清掃"

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ochibaclean1.jpg 11月23日の勤労感謝の日の恒例行事、日銀通りの「プラタナス清掃活動」が、10:00から市立美術館(色内1)前に集合して行われた。
 日銀通り景観協議会とおたる緑のまちづくりの会が主催し、小樽おもてなしボランティアの会や小樽観光ガイド倶楽部、小樽市建設部まちづくり推進課・生活環境部・観光振興室、市職員OB、中央バスなど40名が参加して、日銀通りのプラタナス並木の落ち葉を拾い集めた。
 この活動は、2004(平成16)年に、日銀通り景観協議会と小樽市が協議し、緑ある良好な並木の景観に配慮し、緑を楽しんでもらおうと、枝が残るような剪定を続け、ようやくバランスのとれた樹形になりつつある。
ochibaclean2.jpg そのため、落ち葉の季節になると、周辺に枯葉が大量に落ち、乱舞してしまう。その落ち葉を拾って景観を守ろうと、清掃活動に賛同を呼びかけ、勤労感謝の日を目印に毎年行われ、今年で12回目を迎えた。
 落ち葉が雪や氷に埋もれてしまう年もあったが、今年は、比較的穏やかな天気に恵まれ、落ち葉も乾燥した状態でところどころに落ちていた。
 参加者は、用意された火バサミとゴミ袋を持って、オーセントホテル下から臨港線までに分かれ、軒下や花壇、歩道に散らばった掌以上ある大きな葉っぱを拾い集めた。40分ほどでごみ袋いっぱいに落ち葉を集め、収集場所に積み上げらた。後日、清掃車が回収する。
ochibaclean3.jpg 父親と一緒に毎年参加している青塚拓海君(小6)は、「落ち葉を拾っていくうちに綺麗になり、嬉しい」と話した。
 山口保代表は、「お天気も良く無事に終わり綺麗になって良かった。沢山の人に協力してもらっている。日常的に清掃してくれている人力車の方々にも感謝する」と話した。
 人力車のえびす屋小樽店では、俥夫が日常的に市内の清掃活動を実施し、普段清掃できない場所は、清掃日を決めて行うなど、日銀通りのプラタナスの落ち葉拾いにも協力している。「私達も日銀通りを通らせてもらっているので、観光客が滑ったりしないように、できることはお手伝いしたい。代表からもお礼の電話を頂き嬉しく思う」と話した。
 関連記事