運がっぱと園児がセレモニー! 年賀状の受付開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


newyearcard1.jpg 2016(平成28)年用の年賀状の受付が、12月15日(火)から全国一斉に始まった。
 これに合わせ、小樽郵便局(色内1・福田和博局長)は、10:00から、同局内1階お客様窓口ロビーで、2016年用年賀状引受開始セレモニーを開いた。
 小樽中央幼稚園(富岡1・松浦義夫園長)園児17名と、1日局長に委嘱された小樽のゆるキャラ「運がっぱ」が参加し、年賀状が元旦に配達されるよう、25日(金)までの投函を呼びかけた。
newyearcard2.jpg 福田局長から1日郵便局長の委嘱状が手渡された運がっぱは、「新しい年のご挨拶を年賀状から始められるよう早めに準備しよう」と呼びかけ、大好きな友達や世話になった人に書いた年賀状をポストに投函した。
 同園園児が「にんげんっていいな」他1曲を元気に歌い、会場を和ませた。その後、園児らはひとりずつ、専用ポストに年賀状を投函した。
 同園では、来年の干支の申をモチーフに折り紙にしものを貼ったり、好きなシールで飾るなどして、家族に宛てた年賀状を制作した。
newyearcard3.jpg 西ななみちゃん(6)は、「シールを貼った年賀状をママに出した。毎年お友達から年賀状がくるので楽しみ」と話した。
 同郵便局では、年賀状専用ポストを設置し、25日(金)までの投函分は確実に元旦に配達。28日(月)までの投函分も、元旦に到着できるよう努めている。
 市内では、2015(平成27)年元旦に、201万通の年賀状を配達。2016(平成28)年元旦は、200万通の年賀状の配達を見込んでいる。
 郵便年賀