コスプレダイバー登場! おたる水族館

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 冬期営業中のおたる水族館(祝津2・伊勢伸哉館長)は、季節のイベントに合わせ、職員がコスプレて水槽に潜る、コスプレダイバーが話題を集めている。
1226aqua1.jpg 潜水大掃除ダイバーは、年の瀬のイベントの一環として、来館者に楽しんでもらおうと開かれた。
 今年最後の週末12月26日(土)14:00から、本館1階・海のパノラマ回遊水槽(幅24m・高さ2.5m・水量420トン)で、年末の大掃除時期に合わせ、割烹着と三角巾で身支度した大掃除風のコスプレをした飼育員がダイバーとなり、来場者を楽しませ、27日(日)も同様に開かれる。
 26日(土)は、カップルや家族連れが水槽前に集まり、大掃除の身支度をしたダイバーが登場すると歓声が沸き起こった。魚達にイカナゴを給餌したのち、来館者と記念撮影に応じ、思い思いのポーズを決め、スマホやカメラで職員が撮影に協力した。
1226aqua2.jpg クリスマス時期にも、ダイバーがサンタクロースに扮して、魚達に給餌したり、記念撮影したりと、来場者を楽しませている。
 会場となる水槽は、同館で一番大きな水槽で、サバが群れをつくり、サメや巨大なエイ、ウミガメの太郎など12種類の魚がゆうゆうと泳ぎ、多くの来館者を癒している。
 札幌在住の22歳女性は、「ペンギンの散歩を楽しみに来て、イルカのショーを見て参加し、コスプレダイバーも楽しかった。大満足です」と話した。
 13:50からは、同水槽前を、モモイロペリカン2羽の館内ウォークがスタートし、飼育員によるペリカンの紹介や解説を聞くことができる。
 なお、1月30日(土)・31日(日)14:00からは、節分にちなんで、鬼のコスプレをしたダイバーを新企画。ひな祭り前の2月27日(土)・28日(日)は、ひな祭り風のコスプレをしたダイバーが登場。どちらも給餌後記念撮影を予定している。
 おたる水族館HP