小樽を語る"夢会議" 4月16日開催

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 一般社団法人小樽物産協会は、小樽市より平成27年から29年度まで、小樽産品商品力・販売力向上事業を受託遂行し、その事業の一環として、ワークショップ”小樽名物「夢」会議”を、4月16日(土)14:00から17:00まで、小樽運河プラザ(色内2)3番庫ギャラリーで開催する。
0416yumekaigi.jpg 小樽市総合博物館・石川直章館長の基調講演と、「あなたにとって”残したい小樽”ってなんですか?」をテーマに、オフィスAZM代表・濱野まさひろ氏がコーディネーターを務めワークショップを開催する。
 ワークショップでは、6名ずつが班を作り、小樽の美味しいお菓子を前に、カフェのような雰囲気の中、フリートークで、参加者で思いを語り合う。小樽の資源を有効活用し、新商品の開発へ向けて、知られていない埋もれた資源を掘り起こすために、新しい仲間を見つけることが目的。
 このワークショップを中心的に進める「小樽1♡8プロジェクト」(株式会社たるしぇ・斎藤哲治代表取締役社長)は、小樽を素敵に生まれ変わらせるためのプロジェクト。サブリーダーの本野宏太郎さん(株式会社本野雄次郎商店専務取締役)は、「小樽でしか味わえない商品づくりや、仲間を増やすことをねらいとしている。様々なカテゴリーに分け、小樽の名物を作る体制にしたい」と意欲を示した。
 小樽名物「夢」会議 平成28年4月16日(土)14:00〜17:00
 小樽運河プラザ(色内2)3番庫ギャラリー 参加無料・定員70名
 申込は4月9日(土)まで、定員になり次第終了
 申込先:一般社団法人小樽物産協会(0134-24-3331・FAX0134-21-2002)
0416yumekaigi1.jpg
0416yumekaigi2.jpg