朝里川温泉"宏楽園"4/9オープン! 内覧会開く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年12月の火災で焼失した創業60年老舗旅館「朝里川温泉・おたる宏楽園」(新光5・米山幸宏社長)は、建物をリニューアルして、4月9日(土)からオープンする。
 一足早く一般向けに、4月6日(水)・7日(木)の13:00から内覧会を開き、生まれ替わった建物内部が披露された。
0407kourakuen1.jpg 新しくなった建物は、鉄筋コンクリート造3階建。館内は、畳が敷かれ温かでくつろげる雰囲気。客室35室のうち、28室に露天風呂が付いている。豪華な特別室や車椅子に対応したバリアフリータイプやメゾネットタイプを新設し、和室・洋室と、多様なニーズに対応。「もう一度訪れたい宿」をテーマに、これまでと変わらぬおもてなしを心がけているという。
 1階大浴場は、蔵をイメージした「岩の湯」。日帰り入浴は、土日祝日の11:30から14:30まで利用可能。0407kourakuen2.jpg夕食は、3名まで部屋食で、4名以上は個室の食事処での提供。新たな試みとして、Wine Restaurant Akihisa Handa(札幌)オーナーシェフ半田明久氏監修の和食とフレンチのコラボレーション。
 宿泊料金は、季節によって変動があり、特別室は1人4万円前後、その他の客室は2名1室で、1人当り2万6千円〜3万5千円となる(共に2食付・税別)。4月中はほぼ満室で、予約は5月5日以降。

 問合せ:0134-54-8221 おたる宏楽園 公式HP