GW初! 旧手宮線をトロッコで走ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旧手宮線のレールの上をトロッコ(軌道自転車)に乗って走行するイベントが、GWの5月3日(火)から5日(木)まで実施されている。
railcarnival1.jpg 好天に恵まれた初日は、多くの家族連れが心地良い春の風を浴びながら、往復10分ほどの旧手宮線の走行を楽しんだ。
 「レールカーニバル in おたる」実行委員会(NPO法人北海道鉄道文化保存会・飯田勝幸代表)が主催し、旧手宮線にトロッコを走らせて5年目を迎えた。
 例年夏休みに開催し、昨年11月には、道内5団体のトロッコが旧手宮線に集結。大好評であったことから、今年は、GWに楽しんでもらおうと企画した。5日(木)の子どもの日には、小学生までを無料とする。
railcarnival2.jpg 初日3日は、風もなく穏やかで、気温もぐんぐん上昇し、15:00には25.7℃と、今年初めての夏日を観測した。
 小樽桜陽高校と小樽商業高校の20名と札幌光星高校の2名の学生が、ボランティアで参加。受付や乗車係、踏切の旗振り、トロッコの方向変換などを手分けして手伝った。若い人にも小樽の大事な鉄道遺産を継承させ一緒に盛り上げようと協力を募った。
 今回使用した車両(軌道式自転車)は、「てみ・てんぐ号」(5人乗り)・2人乗り自転車・3人乗り自転車・客車の4車両。家族連れが多く、5人乗りを待つ人の列ができていた。
railcarnival3.jpg 一番乗りとなった札幌から訪れた家族は、「てみ・てんぐ号」に乗車し、軽快にペダルを漕ぎ元気に出発した。会場の散策路は大勢の人々が行き交い、レールを走行する音が周辺に響き、乗客からは笑顔がこぼれた。
 乗車体験した家族は、「孫が電車の絵本が大好きで乗ってみた。大人も楽しめ、お天気も良く今日は良い日になりました」と満足していた。
 飯田代表は、「11月28日の鉄道の日のPRも合わせて実施し、この機会に多くの方に楽しんでもらいたい」と話した。
 ゴールデンウィーク トロッコで走ろう! 5月3日(火)・4日(水)・5日(木)10:00〜16:00
 受付場所:旧手宮線駅前通り 小学生以上500円(保険含) 5月5日は小学生以下無料
 関連記事 関連記事