龍宮神社例大祭! 露店や多彩な催し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ryugumatsuri1.jpg 小樽三大神社の夏祭りのひとつ、龍宮神社(稲穂3・本間公祐宮司)例大祭が、6月20日(火)から22日(水)まで3日間の日程で始まった。
 時折、雨が降る初日となったが、梁川通りから龍宮神社境内まで、約110件の露店が軒を連ね、まつりを楽しむ大勢の人が行き交い賑わった。
 焼き鳥・たこやき・お好み焼きなどの美味しい香りとともに、子ども達は金魚釣りを楽しんだ。夕方になると、学校帰りの学生達も立ち寄り、一気に賑わいを増した。ryugumatsuri2.jpg
 境内では、3日間続けて、カラオケ大会や小樽松前神楽保存会による松前神楽奉納、いなほ幼稚園や小学生の稚児舞奉納が開かれ、本祭りの21日(火)9:00から、本社から神が出御する際に行われる祭事「神幸祭」(渡御行列)が行われる。14:30から神輿の宮出しを行い、威勢の良い掛け声とともに町に繰り出し、20:30に宮入りを予定している。
ryugumatsuri3.jpg 境内の特設ステージでは、連日の稚児舞奉納と松前神楽奉納、その後、いなほ空手クラブの空手演舞、大道塾の空道演武、天心会の合気道演武、札幌医科大学空手道部の空手演舞と続く。19:00からスタジオ☆フラッシュ・約70名によるこどもダンスやバンド演奏など、催し物が盛りだくさん。
 最終日の22日(水)は、17:00から本殿へ御還しする神事「還御祭」、稚児舞や松前神楽奉納、打々つ鼓太鼓、カラオケ大会決勝で締めくくる。
 なお、6月24日(金)から26日(日)は恵美須神社(祝津3)で、25日(土)・26日(日)は豊足神社(銭函2)で、例大祭が開かれる。
 小樽まつり日程