鉄路でトロッコ体験! レールカーニバル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鉄道線路で足こぎトロッコに乗車する、レールカーニバルが、7月23日(土)〜31日(日)10:00〜17:00の9日間開かれている。
Railcarnival1.jpg 旧手宮線の中央通りにある受付で料金を支払い、道道小樽稲穂線までの往復800m(半マイル)を、軌道自転車(トロッコ)に乗車して、線路を走る音をBGMに景色を楽しむ。
 NPO法人北海道鉄道文化保存会・代表飯田勝幸氏が同実行委員会を立ち上げ、この取り組みを始めて5年目となる。市内の全小学校に無料乗車券を配布し、今年は、GWの春と今回の夏、各地のトロッコが集結する秋の年3回を予定している。小樽桜陽高校と小樽商業高校の学生がボランティアとして参加し、受付や踏切などで協力した。
 初日の23日(土)は、市民や観光客など120名が乗車した。2日目の24日(日)は晴天に恵まれ、トロッコから心地良い風とともに、鉄路脇に植えた花壇の花を眺めながら乗車を楽しんだ。
Railcarnival2.jpg
 1歳7ヶ月の子ども連れの家族は、「思ったより速かった。子どもも楽しそうにしていた。景色を楽しみ、風が気持ち良かった」と満足した様子だった。
 飯田代表は、「鉄道は殺風景なイメージがあり、和らげようと花を植え、車両も化粧直しした。鉄道遺産を継承し、若い人たちと一緒に盛り上げたい」と話した。
 レールカーニバルin おたる 7月23日(土)〜31日(日)10:00〜17:00
 受付:旧手宮線中央通り 乗車料金:小学生以上500円(往復)
 関連記事1 関連記事2