人形劇の世界"劇団カッパ座"小樽公演

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 全国120ヶ所を公演中の等身大ぬいぐるみ人形劇団・劇団カッパ座が、8月26日(金)18:00から小樽市民センター(色内2)マリンホールで、子どもの成長を描いた物語「雨の贈りもの」を上演する。
 北海道では、釧路を皮切りに、北見・函館・小樽など9ヶ所の公演を予定している。
 劇団カッパ座は、子ども達に夢と希望を届けようと、1968(昭和43)年に設立。小樽では1970(昭和45)年に小樽市民会館(花園5)で公演を実施して以来、毎年公演を行ってきた。
 今回の演目は同劇団のオリジナル作品をリメイクしたもので、カミナリの子”ピッカリ”を主人公に、親子の愛と自然の大切さがテーマ。同劇団の合言葉「約束を守ろう」「仲良くしよう」「挨拶しよう」の3つに、子ども達の笑顔を載せて舞台を繰り広げる。
 前売チケット中学生以上1,600円・小学6年生〜3歳1,100円・3歳未満無料
 当日チケット中学生以上2,000円・小学6年生〜3歳1,600円
 チケット購入は、①友の会会員から直接、②小樽友の会事務局(0134-32-2811)、③市民センター(0134-25-9900)、④セブンイレブンで。
 問合せ:0134-32-2811 小樽カッパ友の会事務局
 劇団カッパ座
0826kappaza.jpg