癒しの庭園"Healing Garden" セラピーや雑貨販売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 オリジナルハンドメイド作品やリラクゼーション体験など9つのブースが集また、Healing Gardenが、9月25日(日)10:00から17:00まで、上杉ダンススタジオ(稲穂2)で開かれた。
healinggarden1.jpg 札幌在住のスピリチュアルメッセンジャーでアニマルコミュニケーターのCOSMOS ENERGY RAY(山田亜弦代表)が主催。札幌・岩見沢・長沼・苫小牧・岩内・小樽の6ヶ所で年1回開催を続け、今年4年目となり、小樽での開催は3回目。庭を眺めながらほっとするような花咲く庭園をイメージして開催された。
 小樽・札幌在住の各種占いやセラピー、カウンセリング、オリジナルハンドメイド作品、リラクゼーション体験が行われ、癒しを求める人々が訪れていた。
 会場は、普段、ダンススタジオとして使用されているため、大きな鏡がある広々とした部屋で、日当たりや風通しが良く、ヒーリングに適した場所。
healinggarden3.jpg 小樽で初出展の斉藤美沙子さんは、アロマ石鹸やアロマ香水の販売と、石鹸づくりのワークショップを実施。天然素材100%にこだわり、季節に合わせたハーブを使った手作り石鹸で、今回はハスカップを使った石鹸を販売。
 手作り石鹸の講座では、エッセンスオイルでブレンドした自分だけのプレミアムソープを作り、ロールオンアロマ(天然香水)も10分ほどで完成できた。斉藤さんは、「手作りの石鹸は泡立ちも良く、愛着も湧いて安心して使える」とPRした。
healinggarden2.jpg 小樽在住の月の錬金術師・イリスアユコさんのセッションメニューは、夢が叶うセブンアルケミー、心のブロック解除など。イリスさんは、「小樽の人にもっとヒーリングに興味を持ってもらいたい」と話す。
 手作り雑貨のブースでは、cure-gardenのただちはるさんによるレンジ樹脂を使った花や綺麗な和紙をあしらったペンダントやブローチ、髪留めなどを販売。勉強したハンドトリートメントを、今年から実施しているという。
 山田代表は、「小樽での開催は今年で3回目となり、会場も改め、出展メンバーにも恵まれた。今後も継続したい」と話した。
 関連記事