小樽市の魅力度は全国4位!1,000市町村ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 全国47都道府県、計1,000の市町村での”2016魅力度ランキング”に、小樽市が堂々の4位にランクインした。
 この調査は、株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区・田中章雄社長)が、国内1,000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度・イメージなど、全77項目からなる「地域ブランド調査2016」。
DSC08332.jpg 2006(平成18)年から始まり、今年で11回目の実施(年1回実施)。インターネットで全国の消費者3万372人から有効回答を得た結果を、10月19日(水)に発表した。
 2016年の魅力度ランキングの市町村1位に輝いたのは函館市で、3年連続の4回目となった。2位京都市、3位札幌市、4位小樽市、5位横浜市、6位富良野市、7位鎌倉市、8位金沢市、9位神戸市、10位別府市となった。
 都道府県では、1位北海道、2位京都、3位東京、4位沖縄、5位神奈川、6位奈良、7位大阪、8位長野、9位石川、10位福岡で、最下位は4年連続で茨城県だった。
 北海道は、都道府県で8年連続の1位で、市町村でも4年連続1位の函館市をはじめ、3位札幌市、4位小樽市、6位富良野市の4市がベスト10に入った。例年通り、調査対象者の北海道への憧れが顕著に出た結果となっている。
 小樽市は、2006(平成18)年の第1回調査で7位に入り、以降、6位・5位・4位と順位を確実に上げてきた。
 海と山に囲まれ、、空気がうまく四季がはっきりとしており、自然の豊かさや海産物や農産物が豊富であることなども評価された背景を成しているが、まだまだアピール度が不足しており、これからさらに上位に行くには、一層の努力が求められている。
 地域ブランドNEWS
 第11回「地域ブランド調査2016」
 第10回地域ブランド調査2015
 関連記事1 関連記事2 関連記事3