プロ棋士との交流! おたる将棋冬まつり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 プロ棋士の野月浩貴7段と中井広恵女流6段を招き、おたる将棋冬まつりが、1月15日(日)10:00から、小樽駅前第一ビル地下1階を会場に開催される。主催は小樽第一ビル商店会。主管は日本将棋連盟小樽支部(鷹羽賢支部長)。
0115syougimatsuri.jpg 同まつりのメインは、10:00から行われる将棋大会。小学生・中学生・大人の3部門それぞれ定員32名がトーナメント方式で勝負する。参加費500円で、現在、参加者を受け付けている。参加申込は専用サイトから
 会場にはお楽しみコーナーが設けられ、初心者でも将棋に親しめる工夫をしている。10:00からは、両プロ棋士がそれぞれ五面さし(棋士1人に対して5人同時の対局)の指導将棋行う。各棋士4セット合計40名の参加を予定しており、こちらは先着順で当日受付を行う。
 前日の14日(土)は前夜祭として、オーセントホテル小樽(稲穂2)11階レストラン・カサブランカで、中井プロの講演会(参加費1,000円)を17:00から、両プロを交えた懇親会(参加費5,000円・講演会参加者は4,000円)を18:00から開催する。参加希望者は専用サイトから申込む。
 主管する鷹羽同支部長は、「プロ棋士が小樽に来ることはめったにないので、この機会に将棋ファンはもちろん、将棋に馴染みのない方も将棋まつりに足を運んでもらい楽しんでほしい」と話した。
 野月浩貴 中井広恵 関連記事