ワイングラスコンテスト初開催!冬のがらす市

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽雪あかりの路の開幕に合わせた2月3日(金)~5日(日)15:00~21:00に、小樽観光物産プラザ(色内2)3番庫ギャラリーで、今年も「冬の小樽がらす市」が開かれる。
 小樽がらす市実行委員会(木村直樹実行委員長)は、小樽のガラス産業が多くの人々に親しまれ、一層のブランド化を図るために取り組みを進めている。
otaruglassichi.jpg 市内ガラス工房13社(販売9ブース・販売・制作体験4ブース)が参加し、今年で8回目を迎え、小樽のガラス作家がアイディアやセンスを競うコンテストも楽しみのひとつで、今年は、北海道ワイン協賛の「おたるワイングラスコンテスト」を実施する。
 北海道ワインの人気ワイン「ナイヤガラ」を美味しく味わえるようイメージして制作したワイングラス11点を展示し、来場者の投票でグランプリを決定する。
 これまでのコンテストは、グランプリ作品のみを投票者1名にプレゼントしていたが、今回は、11名の個性溢れるワイングラスを、各作品の投票者から抽選で各1名にプレゼントする。幸運にもワイングラスを手にした人は、ナイヤガラをそのワイングラスで楽しめるまたとないチャンスとなる。
0203-05glassichi.jpg ガラスアクセサリー工房SHiMA・SHiMAの太陽光でキラキラ光るサンキャッチャー、クラフトショップれんのジェルキャンドルやガラスの押し花オルゴール、大正硝子ほっこり家のバーナーワークでガラス小物やマドラー、手彫りガラス工芸アトリエ・セツでは、専用のルーターを使い皿や器に気に入った絵柄を掘り込むなど、ガラス制作体験が並ぶ。体験料は500円~2,000円程度。
 会場で500円以上の買い物や制作体験でスタンプ1個押印し、スタンプ4つで1回抽選できるガラス製品が景品の抽選会も行われる。
 小樽のガラス工房が一堂に会し、各店舗では、ガラス作家が店頭に立つこともあり、ガラス製品の説明を聞くこともでき、小樽の土産にしたり、気に入ったガラスに出会える貴重な機会となる。
 木村実行委員長は、「北海道ワインとのコラボレーションは、地元企業とガラスのマッチングは今までありそうで無かったことで、やらせていただくことに感謝しながら、いろいろな思いを込めてグラスを作った。それぞれが、ナイヤガラに合うよう、飲みたくなるようなイメージで制作している。ぜひ、会場で投票し、買い物もしてもらいたい」と話した。
 第8回冬の小樽がらす市 関連記事
0203-05glassichi1.jpg