文化財を守る! 旧渋沢倉庫で防火訓練

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月26日の文化財防火デー啓発事業として、全国各地で訓練が実施される中、小樽市は、市指定の歴史的建造物・旧渋沢倉庫(色内3)において、同日10:00から火災防御訓練を実施した。
0126firetraining1.jpg 文化財防火デーは、1949(昭和24)年1月26日奈良県法隆寺の金堂が炎上し、国宝の壁面を焼損したことを契機に、1955(昭和30)年に制定。同市も市指定の歴史的建造物で毎年訓練を実施し、歴史的建造物等の災害対策を確立し、市民及び施設関係者の防火意識の高揚と啓発を図っている。
 訓練参加機関は、小樽市消防本部(署)15名、小樽市消防団第3分団4名、同建物に入店しているゴールドストーン・プレスカフェの自衛消防隊6名が参加。出動車両は、タンク隊2両・ポンプ隊・指揮隊の4両。
0126firetraining2.jpg 1月26日(木)10:00頃、ゴールドストーン1階の厨房から出火したとの想定で開始。当施設の自衛消防隊による初期消火・119番通報・避難誘導後、消防隊が迅速に放水準備を行い、4ヶ所から一斉に放水した。
 奈良信弥小樽市消防署長は、「降雪の時期のため、限られたスペースで車両を停め、放水場所などの確保も難しい中で、文化財で火災が起きた場合は、速やかに消火活動を実施し守る意識を持ち、施設関係者も文化財を利用して営業している意識を高め、火災を起こさない、起きた場合には速やかな行動をとる。消防隊も建物を守るためにベストを尽くした訓練ができたと思う」と講評を述べた。
 小樽市消防本部HP 関連記事