ダンスと美術のコラボ!文団協・雪あかりジョイント事業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ダンスとアートがコラボレーションした第2回文団協・雪あかりジョイント事業「A Crystal Night in Art Museum ともしびのむこうに」が、2月8日(水)~12日(日)の17:00と19:00の1日2回、市立小樽美術館(色内1)1階多目的ギャラリーで開かれる。
 今回は、市内在住の若手アーティスト、上嶋秀俊・小川豊・高橋一文・中丸大輔・鳴海康弘氏5名の作品を展示する会場で、直江博子創作バレエ研究所(上野亜希子代表)に通う中学生と高校生5名のダンスをジャンルを超えてコラボレーションする。
2016naoe.jpg テーマは「ともしびのむこうに」。夜の美術館ギャラリーで雪あかりのイメージを大切にしながら、美術作品展示会場で創作ダンスを披露する。
 昨年同様、同研究所振付家の大江帆那氏が創作した「Light,Black,Life」と「私ってなに?ともしびに向かって」の2作品(各20分)を交互に上演。ギャラリーで、ダンサーと観客が同じ高さで空間を共有し、ダンスを楽しむことができる。
 初日8日17:00からは「私ってなに?ともしびに向かって」、19:00からは「Light,Black,Life」を上演する。
 上野代表は、「ジャンルを超えた若手芸術家作品の発表の場となればと思う。美術とダンスのコラボ作品から受ける観客の印象が様々で、私達にとっても刺激となる。いつものステージから美術館の多目的ギャラリーを会場に、観客の間近でパフォーマンスができ、一体感を感じとり生ライブを楽しんでもらいたい。本番まで1週間となり練習にも力が入っている。今後は、書道や日本画、華道など様々な展示作品とダンスがコラボレーションできれば」と話した。
 小樽市文化団体協議会(川村治男会長)が、昨年に引き続き、第2回文団協・雪あかりジョイント事業として開催。
 同会は、1949(昭和24)年に発足以来、小樽の文化・芸術活動の振興に尽力。会員の高齢化や加盟団体の減少から、後継者不足などの課題を抱えその解決策になればと、小樽雪あかりの路の開催期間に合わせ発表の場を設け、会のPRや活性化に繋げようと実施している。
 第2回文団協・雪あかりジョイント事業
 「A Crystal Night in Art Museum ともしびのむこうに」
 2月8日(水)〜12日(日)16:00〜21:00(最終日〜20:00)
 上嶋秀俊・小川豊・高橋一文・中丸大輔・鳴海康弘氏の作品展示
 創作ダンス「Light,Black,Life」と「私ってなに?ともしびに向かって」
 2月8日(水)~12日(日)17:00と19:00の2回 入場無料
 直江博子創作バレエ研究所の振付家・大江帆那氏、中高生5名
 関連記事
0208-12acnam.jpg