小樽市議会 代表質問始まる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市議会(横田久俊議長)平成29年第1回定例会の代表質問が、2月28日(火)13:00から市役所(花園2)本会議場で始まった。
 28日は自民党濱本進議員と公明党秋元智憲議員がそれぞれ質問を行った。
0228council.jpg 市長の後援会関係者がオーナーの事業者へ、観光船事業の関連施設を高島漁港区に設置することを許可したことに関する秋元議員の質問があった。
 森井市長は「観光船事業者という新たな業種が、小樽港内をさまざま動くようになってきたが、それらが活動することで漁業者に多くの影響を与えていることは認識している。だからといって観光船事業者を排除することにはならないし、観光船事業者と漁業者が、互いに状況を理解し課題を認識し合うことが非常に重要だ」と述べ、森井後援会の事業者を擁護する姿勢を露にした。
 そもそも漁港区に規制された施設の設置を、市長自らが許可したをことが漁業者と観光船事業者との間に軋轢を生じていることへの言及は無かった。
 質問要旨
 H290228 小樽市議会本会議(代表質問)濱本議員
 H290228 小樽市議会本会議(代表質問)秋元議員