夜の魅力を動画でPR!小樽PVコンテスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


otarupvcon1.jpg 第1回夜の小樽プロモーション動画コンテストの上映会・表彰式が、4月23日(日)13:30から小樽市観光物産プラザ(色内2・運河プラザ) 多目的ギャラリーで行われた。
 同コンテストは、小樽観光協会(西條文雪会長)の会員交流まちづくり委員会(山本一彦委員長)が主催。3分以内のプロモーション動画で、夜の小樽の魅力を伝えることを競うもので、「教えてください、あなただけの小樽」をテーマに、2016(平成28)年8月10日から2017(平成29)年2月28日の期間で作品を募集した。
 23日は応募8作品の上映を行った後、6作品に各賞の表彰が行われた。
 今回は最優秀賞に該当する作品が出なかったが、甲乙付け難い上位2作品に、急遽設けられた準大賞、3作品に優秀賞がそれぞれ贈られ、1作品が入賞となった。
otarupvcon2.jpg
 準大賞に選ばれたのは、K.Hさんの「あの頃に戻れる街」とMiNOMUSHi_FiLMSの「灯のともる」。前者は、修学旅行では見ることの出来なかった夜の小樽を、かつての友人らと成人後に再訪して、想い出の時を過ごす内容となっており、制作者で生まれも育ちも小樽のK.Hさんは、「観光客の目線になることができたかどう分からないが、小樽の良さを再発見することができ、とても良い経験となった」と話した。後者は、景色だけではなく小樽の人々の良さを伝える心温まる作品となっている。
 審査委員長を務めた西條会長は、「優秀な作品が多く審査に戸惑った。『あの頃に戻れる街』は、空撮された映像がとても綺麗で街の全体感が掴め、ストーリー性が良く作品全体が見やすかった。『灯のともる』もストーリー性があり、人の温もりを感じることができ、人との触れ合いが非常に良く表現されている。他も良い作品だったが、全体的に冬のシーンに偏りがあり、小樽の四季折々の良さをもっと表現していただければ良かった」と講評した。
 受賞作品と制作者は次のとおり(敬称略)
 準大賞「あの頃に戻れる街」K.H
    「灯のともる」MiNOMUSHi_FiLMS
 優秀賞「月と猫」岩田義昌
    「僕たちの小樽」オトンヌチャンネル
    「お分かりいただけただろうか」小坂達広
 入 賞「你要去到哪里?」桑嶋桃子
 作品は小樽観光協会のホームページで視聴することができる。
 受賞作品(小樽観光協会HP) 関連記事