旧手宮線散策!シニア元気教室"いきいき"

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kaigorec1.jpg 小樽市内に21ヶ所ある地域版介護予防教室で、赤岩会館を会場に開く「シニア元気教室”いきいき”」が、6月9日(金)10:30から、旧手宮線を散策するレクレーションを企画。好天の下、初夏の緑を眺めながら散策を楽しんだ。
 70~80歳代の会員19名と介護予防サポーター6名・北西部地域包括センター4名が参加し、整備が完了された旧手宮線と金融資料館見学を行ない、12:00に解散した。
kaigorec2.jpg 参加した女性は、「近所の仲間と、月2回休まずに楽しんでいる。今日の散策路は、心地良く歩きやすかった。途中に休める東屋があると良かった」と話した。
 2012(平成24)年からスタートした地域版介護予防教室は、65歳以上の市民を対象とし、市の養成講座を受講した介護予防サポーターが中心となって、ストレッチや筋力トレーニングなどの運動・レクレーションなどを企画し、会員同士和気藹々と楽しんでいる。
kaigorec3.jpg ほとんどが月2回、午前中(10:00~11:30頃)に各教室で開かれる。参加費は、月額200円~500円とスポーツ安全保険料(年額1,200円)のほか、手数料がかかる。
 同教室を自主運営するボランティア「介護予防サポーター」は、2016(平成28)年10月時点で、約130名が登録。サポーター養成講座の受講生を、今年度は6月1日(木)に募集し、6月23日~10月20日の間、9回の講座と10回目の教室見学を行い、講座修了後は介護予防教室の運営に協力する。
 地域版介護予防教室 介護サポーター養成講座