龍宮神社例大祭!露店110店並ぶ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 小樽三大まつりの龍宮神社(稲穂3・本間公祐宮司)例大祭が、6月20日(火)~22日(木)の3日間の日程で始まった。
ryugusai1.jpg 梁川通りから龍宮神社境内まで、約110件の露店が軒を連ね、まつりを楽しむ大勢の人が行き交い賑わった。
 初日の20日は宵宮祭が開かれ、いなほ幼稚園や小学生による稚児舞奉納、小樽松前神楽保存会による松前神楽奉納、神社前の特設会場でカラオケ大会予選が開かれた。
 2日目21日の本祭は15:00からは、小樽龍祭会をはじめ、札幌すすきの北祭会や北海睦会など、遠くは紋別など道内各地から担ぎ手約140名が集まり、厳粛な雰囲気の中、宮出しの儀が執り行われた。
ryugusai2.jpg 掛け声とともに、神輿が担がれ、階段をゆっくりと下り、神社周辺を練り歩いたが、途中であいにくの雨に見舞われた。御旅所で休憩を取りながら20:30に宮入した。
 露店の数も市内の祭りの中で一番多く、わたあめ・焼き鳥・チョコバナナ・東京原宿でも人気の電球ソーダ・ゲーム・金魚すくいなど、祭り定番の露店が並び、学校帰りの学生らで、祭り会場は賑わった。
 最終日22日(木)は、17:00から本殿へ御還しする神事「還御祭」、3日連続の稚児舞奉納や松前神楽奉納、小樽打っ鼓の打演、カラオケ大会決勝も開かれる。
 龍宮神社例大祭奉納行事 関連記事