ランチブッフェがリニューアル!ホテルノルド小樽

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ホテルノルド小樽(色内1)のランチブッフェがリニューアル。北海道素材を使い、五感を刺激するブッフェ「Sizzle シズル」が、7月1日(土)にオープンする。
hotelnord1.jpg 29日(木)11:00からプレオープンが行われ、報道関係者等が一足先にシズルを体感した。
 同ブッフェの前身となるランチバイキングは、夏休みなどの期間限定で12年前から始まり、市内にバイキングレストランが少ないことを受けて、9年ほど前からは通年を通して実施され、観光客や市民に親しまれてきた。
 このほど、株式会社空と大地・三瓶匡祥代表のフードプロデュースにより、厳選された北海道の食材のメニューを、視覚・触覚・味覚・嗅覚の5感で感じる「シズル感」を味わえるブッフェに生まれ変わった。運河と倉庫群が見渡せる2階の会場も、ブッフェにあわせてリニューアル、100席を用意した。
hotelnord2.jpg
 北欧文化の「スモーブロー」(のせただけでOK、組み合わせは無限大)を取り入れ、自分の食べ方でアレンジできる。野菜を同じ大きさに細かく刻み、ボールに装ってスプーンで食べる新感覚のサラダ「チョップドサラダ」は、15種類の野菜を用意している。
 かんぴょう・金糸卵・たらこ・とびっこなど10種類以上の具材を、具のない海苔巻きの上にトッピングしてカナッペ風に頂く「彩り手織り寿司」は、組み合わせ自由。寿司飯に好きな具材をのせてどんぶりにも。
 モール温泉の塩水で洗って熟成させたチーズ「十勝ラクレットモールウオッシュ」を溶かし、じゃがいもやソーセージ、カットバケットにかけて食べたり、会場に設置のグリルで焼きたてのバーベキューなど、常時70種類以上を用意。

 ランチブッフェは11:30~15:00(最終入場14:00)で、90分1,800円(税込)。1,200円プラスして、14種類のワインが飲み放題となる。
 樋口正起デビュティマネージャーは、「目で楽しめアレンジできる小樽で初めてのブッフェ。家族連れや観光客などにも楽しんでいただけるコンセプトに、北海道の厳選した素材を使用し、好きなようにトッピングして味わっていただきたい」と話した。問合せ:0134-24-0500 ホテルノルド小樽。
 ホテル小樽ノルド