116万人が来場!第51回目おたる潮まつり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


usiosyukyaku.jpg 第51回おたる潮まつり(7月28日~30日)が閉幕し、同実行委員会(平松正人実行委員長)は、初日に雨が降ったものの、その後は晴天に恵まれ、116万人が来場したと、7月31日(月)に発表した。
 昨年の50回目は128万人が来場したが、49回目と比べると3万人も多く、祭りを通じて、全道・全国に小樽の元気を大いに発信した。
 祭りのメインイベントの「潮ねりこみ」の参加者は、昨年よりも減少したが、市内全小中学校が出場し、企業や団体など約8,000人が踊り賑わい、花火も2日間にわたり開催。
 900人の担ぎ手が集結する神輿パレード、ダンスや太鼓、戦隊ショー、高校生吹奏楽等のステージ企画で、会場は昼夜混雑が続いた。
 おたる潮まつりHP 関連記事 関連記事 関連記事 関連記事