みんな違ってみんないい!自己発見講座開講

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 自分を知って悩みを解決する「おもしろ自己発見講座」が、9月30日(土)10:00~12:00、小樽市生涯学習プラザ(富岡1)レピオ第6学習室で開かれ、子育てや人間関係をスムーズにできればと、興味を持つ市民ら15名が参加した。
 講師は、ネイチャーコーチピアチェーレ代表の・ISD個性心理学協会マスターインストラクター(本部専門講師)の西條恵理子氏が務め、小樽市教育委員会の家庭教育支援事業、小樽わくわく共育ネットワーク(富岡1・生涯学習プラザ内)の共催で開講された。
isdshinri.jpg 16年前からコーチとなった西條氏は、自分でも子育てや人間関係に悩みがあったが、同心理学を知り学ぶことで、解決できたという。
 ISD個性心理学とは、生まれながらにして持っている人間の気質に焦点を当て、生年月日を切り口に、様々な角度から分類・分析した統計学の一種。自分や相手の個性を知ることで、人間関係の悩みやストレスを解決でき、コミュニケーションをスムーズにする。
 知っているようで知らない自分を改めて知ることで気が楽になり、悲劇を喜劇に変える講義に、参加者は耳を傾けた。
 西條氏は、「自分を知って元気になり、町も良くなると信じている」と、同心理学の意義を伝えた。
 参加した市内の女性は、「15年ほど前に興味があり本を読んだ。自分や家族等に当てはめると良く当たっていた。改めて興味が沸き、また見てみたくなった」と話した。
 同心理学には資格認定制度があり、試験や審査にパスした人に資格を認定している。
 今後は、10月15日(日)13:30~12:00に赤もちミニイベント、19日(火)10:30~12:00赤もちお茶会、24日(日)・25日(月)赤もち子育てインストラクター資格講座。11月10日(金)10:00~17:00にISD心理学アドバイザー資格講座を、同レピオで予定している。
 ISD個性心理学協会
 家庭教育支援(小樽わくわ共育ネットワーク)について