丹精込めた野菜や手芸品!四ツ葉学園即売会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


yotsuba2.jpg 社会福祉法人小樽四ツ葉学園(桜3・絈野喜一郎理事長)は、年に1度の恒例行事、秋の味覚を集めた農産品や手芸品等の「展示即売会」を、10月6日(金)・7日(土)9:00~19:00(最終日17:00)、長崎屋小樽店(稲穂2)2階公共プラザで開く。
 毎年、初日は、待ちわびた市民らが開店前から並ぶ盛況ぶりで、今年も多くの来場者をと期待を寄せている。
 同法人の小樽四ツ葉学園・よつばふれあい・よつばさくら・よつばクローバー・余市幸住学園・こうずみとよおか・こうずみ・こうずみメープル・余市豊浜学園の利用者が、担当職員と一緒に、丹精込めて育てた採れたて農産品や手作りの手芸品、自然自生薬草、ビーズ細工や籐細工などを格安で販売している。
 肉厚の生椎茸や乾燥椎茸(70g・330円)は、各日100個を用意。多少は追加販売もあるが、売れ切れる場合もある。
yotsuba1.jpg 同園伝統の味、南蛮みそや三升漬けは人気商品で、毎年、販売を待っているリピーターも多い。
 農産物では、大根や白菜・じゃがいも(男爵・北あかり・とうや等)は、袋入りや10㎏の箱詰も。種から育てた同学園のにんじんは、形は不揃いだが濃厚な味。かぼちゃは、小樽産の栗味、余市産の日持ちする雪化粧、今年登場した伯爵、みやこ、小さい形のぼっちゃんの5種類が並んだ。
 余市豊浜学園周辺で採取したどくだみ・スギナ・桑を乾燥させた薬草茶や、辛さが決め手の唐辛子は、刻んだものもあり、漬物や鍋物に。
 豆は、餡子に適した大納言小豆や小豆・金時豆・白花豆・とら豆・黒豆・大豆の7種類を用意。売れ切れご免。
 四ツ葉学園手作り石鹸、豊浜学園のラベンダーやオレンジの入浴剤、幸住学園のミントや笹の入浴剤は、香りも楽しめリラックスタイムに。
yotsuba3.jpg
 籐細工やビーズ細工、子ども用のリュックサックやバック・ベスト・巾着など、担当職員と利用者が力を合わせ丹精込めた作品が並んでいる。
 商品の発送(ヤマト運輸)は、市内送料200円で、地方発送も受け付ける。
 即売担当者の佐藤渉さんは、「利用者が一生懸命に作った物を見てもらうことが、この即売会の一番の目的。利益は利用者に還元しているが、四ツ葉学園のことを皆さんに知ってもらいたい。何年も即売会を続けているが、若い人にもこの機会に知ってもらえればと思う」と話す。
 第22回展示即売会 10月6日(金)・7日(土)9:00~19:00(最終日17:00)
 長崎屋小樽店(稲穂2)2階公共プラザ 社会福祉法人小樽四ツ葉学園主催
 関連記事
 
yotsuba4.jpg