道4区に吹くか"希望"の風!衆議院選3氏の争い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 10月10日公示、22日投開票の衆議院選挙の道4区(小樽市など後志管内、札幌市手稲区、西区の一部・有権者数37万3908人)の立候補予定者が、3氏になることが10月5日(木)に判明した。
 今回の衆院選は、小池百合子都知事の希望の党の立ち上げに伴い、民進党が、希望の党と無所属、立憲民主党に3分裂する目まぐるしい政治情勢の変化が連日にわたって繰り広げられた。
 道4区に出馬を予定していたのは、中村裕之(自民党前職)、本多平直(民進党元職)、高橋美穂(希望の党元職)、佐々木明美(共産党新人)の4氏と見られていたが、5日になって、共産党が立憲民主党からの出馬となった本多氏に1本化するため、佐々木氏の取り下げを決めた。
 これにより道4区は、中村裕之(自民党)、本多平直(立憲民主党)、高橋美穂(希望の党)の3氏での争いになることになった。
 今後、道4区に小池旋風の希望の風が何処まで吹くかが注目される。
 中村裕之オフィシャルWEBサイト
 立憲民主党・元衆議院議員本多平直公式サイト
 高橋みほ公式webサイト前衆議院議員北海道第4区