衆院選道4区 3氏が立候補届出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 10月22日(日)投開票の衆院選が、10月10日(火)に公示された。
 小樽市と後志管内19町村、札幌市手稲区、西区の4区域を選挙区とする道4区(有権者数37万3,908人)には、3氏が立候補届出を行い、自民党、立憲民主党、希望の党の3党での争いとなった。
 これにより、22日の投開票まで3氏による12日間の選挙戦の火ぶたが切って落とされた。
4区には、小池百合子代表の希望の党が、これまでの自公VS民進の争いに割って入った形となったが、どこまで風を吹かせるか注目される。
 ◎4区立候補者
 本多 平直 (ほんだ ひらなお) 52歳 立憲民主党・元 公式HP
 中村 裕之 (なかむら ひろゆき) 56歳 自由民主党,公明党推薦・前 公式HP
 高橋 美穂 (たかはし みほ) 52歳 希望の党・元 公式HP