衆院選道4区の行方は?3氏が最後のお願い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 10月22日(日)投開票の衆院選が迫り、21日(土)に12日間の選挙戦の幕を閉じた。
 小樽市・後志管内・札幌手稲区・西区の一部からなる衆議院議員小選挙区の道4区には、本多平直(立憲民主)、中村裕之(自民・公明推薦)、高橋美穂(希望)3氏が名乗りを挙げ、広い選挙区を走り回った。
H290901senkyonin.jpg
1021senkyo.jpg 道4区の2017(平成29)年9月1日現在の登録者数は、小樽市105,713(男46,864・女58,849)、後志総合振興局79,330(男37,829・女41,501)、手稲区119,936(男55,732・女64,204)、西区68,929(男31,833・女37,096)の計373,908人となっている。
 小樽・後志で185,043人、手稲区・西区で188,865人と選挙区は2分されており、候補者3氏は、手稲区、小樽市などの票田を中心に街頭演説で訴え、選挙カーを走らせた。
 選挙戦最終段階では、中村氏と本多氏が競り合っており、それを高橋氏が追っている状況のようだ。3氏の行方がどうなるか、22日の投開票が注目される。
 ◎本多 平直 (ほんだ ひらなお) 52歳 立憲民主党・元 公式HP
 ◎中村 裕之 (なかむら ひろゆき) 56歳 自由民主党,公明党推薦・前 公式HP
 ◎高橋 美穂 (たかはし みほ) 52歳 希望の党・元 公式HP
 関連記事1 関連記事2 関連記事3