地域に恩返し!北陵中の清掃ボランティア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


hokuryouclean1.jpg 小樽市立北陵中学校(清水町5・宮澤知校長)では、地域に支えられ日頃の感謝の気持ちを込めて、10月31日(火)16:00から1時間ほど、学校周辺の清掃ボランティアを実施した。
 生徒会(鈴木稜琉会長・2年)が中心となり、運動部や文化部の部員や有志、校長や教員ら約70名が参加。
 実施に先立ち、高橋恒雄教頭から、「地域からの支援に感謝し、地域貢献で感謝の意を示すために実施。事故のないように、良い行ないをすれば、良いことが帰ってくる」と伝えられた。
hokuryouclean2.jpg 9班に分かれ、火バサミとごみ袋を持ち、学校周辺の通りに落ちていたたばこの吸殻や空缶・空瓶・ブラスチック類のゴミを拾い集めた。燃えるゴミと燃えないゴミに分別し終了した。
 鈴木生徒会長は、「思ったよりもゴミがあり、多くの人が協力して嬉しく思う。また、雪が溶けた頃に実施したい」と話し、女子バスケ部3年生は、「高いレベルで戦うためには、団結力が大事。地域の人達が支えてくれたお陰で、全道大会へ出場できた。その恩返しのつもりで参加した」と話した。
 北山中学校と末広中学校が統合し、今年4月にスタートした同校は、女子バスケット・バドミントン・陸上・水泳・体操・剣道の6つの競技が、全道大会に出場するという快挙を果たした。
hokuryouclean3.jpg 同校の生徒のスポーツ、文化活動を推進することを目的に、同校スポーツ・文化活動推進委員会を設立し、部活動等の資金面において、広く助成金を募集したところ、10月30日(月)現在で、22万3千円が集まった。
 集められた賛助金は、各部活動の大会出場に伴う費用の補助をはじめ、物品購入・スポーツ文化活動振興にかかる費用やその他に運用する予定だ。
 今後、平成30(2018)年度からは、同部活動等振興基金に引き継ぎ、円滑な部活動等の補助を行える基礎を作る予定。
 賛助金は1口1,000円で何口でも。直接学校に持参、または、郵便局(02790-2-71109) 「北陵中スポーツ文化」に振込む。問合せ:0134-24-5500 北陵中学校
 小樽市立北陵中学校HP
 関連記事