語ろう会あおばと 朗読のつどい12/9

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 市立小樽図書館(鈴木浩一館長)は、12月9日(土)14:00から15:30まで、同館2階視聴覚室で、朗読サークル語ろう会「あおばと」による朗読のつどいを開く。参加無料で定員50名、申込みは不要。
 出演する朗読サークル語ろう会「あおばと」は、俳優の青坂章子さんが講師を担い、文学館や小樽観光物産プラザなどでも積極的に活動。読むことの楽しさと声を出す喜びを伝え、来場者に感動の輪を広げている。
 今回の朗読会は2部構成で、1部は、野坂昭如作「戦争童話集」から「焼け跡の、お菓子の木」と、「金子みすゞの世界」から心に響くみすゞの綴った世界を語る。
 休憩をはさみ、2部は、目が見えないイタコのばばさまと、浄瑠璃で病気を治せる子狐の温かく切なく悲しい物語、さねとうあきら作「おこんじょうるり」。
 篠笛などの和楽器の演奏を交えて開かれ、物語の世界へ引き込まれる。子どもから大人まで楽しめる内容となっている。
 出演者は、ナレーター役の青坂さんをはじめ6名の出演者と、和打楽器奏者として活躍中の世古知巳さんが篠笛を演奏する。
 朗読の面白さに触れる貴重な機会となり、多くの来場者をと呼び掛けている。
 朗読サークル語ろう会「あおばと」『朗読のつどい』12月9(土)14:00〜15:30
 市立小樽図書館(花園2)2階視聴覚室 定員50名(事前申込不要)・参加無料
 休憩時間以外の入退場不可
1209storyaobato.jpg