ニシンの話と海の体験!小樽海っ子番屋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽市の漁業・漁村の活性化を目的に活動する小樽海っ子倶楽部(舘山信治代表)が、2月24日(土)・25日(日)の両日、おたる水族館(祝津3)とニシン番屋(祝津3)を会場に、ニシンを中心としたテーマで海の体験教室を開催する。小学生以上の親子または家族(大人だけの参加可)を対象に、各日先着30名を募集。参加費は無料。
 両日とも10:15から正午まで水族館で同館職員から、ニシンの飼育や生態などについてニシンを実際に観察しながら話を聞き、ニシンに餌付けを行うなど、水族館ならではの体験ができる。
 午後からは、会場をニシン番屋(茨木家中出張番屋)に移し、ニシン料理の話や簡単なレシピなどを教わり、希望者には、群来太郎丼セット(にしん丼物・にしんみそ汁・漬物)を500円で提供。
 同倶楽部メンバーで、小樽祝津たなげ会の渡部満事務居長は、「今、祝津には野生のトドが来遊している。冬の自然とニシン漁の歴史にも触れることができる機会なので、ぜひ参加してほしい」と話している。
 小樽海っ子番屋 身近な海の体験教室「水族館でニシンのお話し」
 2月24日(土)・2月25日(日)10:15~14:15、受付10:00 おたる水族館入口前
 会場:午前の部・おたる水族館、午後の部・茨木家中出張番屋
 対象:小学生以上の親子または家族(大人だけの参加可) 各回定員30名(先着順)
 参加無料 申込2月19日(月)まで 申込用紙
 問合せ:0134-26-6160 おたる祝津たなげ会(青山)
 小樽祝津たなげ会HP
 関連記事
 
0224-25umikkobanya.jpg