たるばとクラブとたるぴよタイム!図書館でスタート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 市立小樽図書館(花園5・鈴木浩一館長)では、4月から子ども行事をリニューアルする。
 毎週水曜日に行われていた「おはなしの会」と毎週土曜日に行われていた「ちびっこ映画の会」を合わせ、毎月第1・3土曜日に「たるばとクラブ」をスタート。また、乳幼児向けに、月末を除く毎週金曜日におはなしの会「たるぴよタイム」を新たに始める。
 同館では、2017(平成29)年度から子ども読書推進計画に取り掛かり、来年3月の完成に向けて、子ども達がもっと図書館に親しみ本を読んでもらおうと、これまでの事業の見直した。「たるばとクラブ」と「たるぴよタイム」は、先行して4月から実施される。
 同館2階視聴覚室で開く同クラブは、幼稚園児や保育園児から小学生までを対象としているが、兄弟や親子など誰でも参加できる。その月の行事や季節に合わせた工作・おはなしの会・アニメ上映会など、図書館をもっと気軽に利用でき楽しくなる時間を提供する。
 初回の4月7日(土)は、”図書館デビューの日”と題し、初めて図書館に来た人やご無沙汰していた人に、本の配置などを紹介する館内見学ツアーを予定している。
 新設の同タイムは、0歳児から未就学園児の子どもと保護者を対象に、1階児童絵本コーナーで、子どもにどんな本を選んで良いか分からない保護者の本選びの手助けや、抱っこしながらでもできる手遊びや体操・おはなしの会など。初回の4月6日(金)は、乳幼児向けのお奨め絵本を紹介する予定。
 また、小樽子ども劇場ぐうちょきぱあは、毎月第2水曜日15:00から1階児童室絵本コーナーで、独自のおはなしの会として、絵本の読み聞かせや紙芝居などを行う。
 同館子ども読書チームキャップの長谷川るみさんは、「日常の中に図書館を」と話した。
 2018(平成30)年度移動図書館わくわくブック号の上半期ダイヤが発表され、これまでの天神会館前・最上小学校前・小樽幼稚園駐車場の3ヶ所のステーションが廃止となった。
 問合せ:0134-22-7726 市立小樽図書館
 平成30年度移動図書館わくわくブック号の上半期ダイヤ(4〜9月)
 市立小樽図書館
H30otarubook.jpg