巨大雪だるまが人気!大正硝子館堺街店

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


taisyosnow1.jpg メルヘン交差点近くに店舗を構える硝子ショップ、大正硝子館堺街店(堺町6)の横に、雪解けが進むこの時期になっても、白くて巨大な雪だまるが設置され、「インスタ映えする」「可愛い」と、スマートフォンやカメラに収める観光客が続出している。
 3月23日(金)は、最高気温4.4℃・積雪75cm。雪解けが一気に進み、堺町通りには黒くなった残雪が、道路脇に僅かに残るだけとなった。雪解け時期になっても、雪だるまがあれば面白いのではと、同館スタッフは、泥はね時期にも負けず白い雪だるまのメンテナンスに精を出している
 株式会社アートクリエイト・エリアマネージャーの池田憲昭さんによると、小樽雪あかりの路開催の前から、店舗横に通行人に楽しんでもらおうと、高さ3m・幅2mの雪だるまを設置した。
taisyosnow2.jpg
 その後、壊すのももったいないとスタッフが手直し。春になっても見られれば面白いのではと、設置を続けているという。
 「3月いっぱいは、このまま雪だるまを設置したい。皆さんに楽しんでもらいたい」と、池田マネージャーは話す。
 同ショップは、市内13店舗で展開中。堺街店は2012(平成24)年4月5日にオープン。市内では最大規模で、オーナメントやアクセサリーなど、各店舗人気のラインナップが勢揃いしている。同店オリジナル商品も多数取り揃えている。
 東京から訪れた家族は、雪だるまと並んで撮影し、「可愛い」と喜んでいた。
 小樽大正硝子館