スポーツで街を活性化!議員連盟設立

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


sportginrenmei.jpg 小樽市議会議員12名(設立世話人・横田久俊議員)が、小樽市のスポーツ振興と強化を図ることを目的に、小樽市議会スポーツ振興議員連盟を設立し、4月18日(水)、市役所(花園2)で設立総会を開催した。
 これまで、市議会議員それぞれ個々にスポーツ団体等に関わり、スポーツ振興に取り組んできたが、小樽体育協会からも議員との組織的な交流を求められていた経緯もあり、この機会に議員連盟を組織することにした。
 総会では、安斎哲也議員(無所属)が会長、副会長に千葉美幸議員(公明)、事務局長に横田久俊議員(自民)がそれぞれ選任され、活動方針に、小樽体育協会との意見交換をはじめ、スポーツ振興施策の調査・研究、スポーツ施設の現況・状況調査を行うことなどを決定した。
 安斎会長は、「体力は活動の基本。元気がなければ笑顔になれない。スポーツは体力向上、子ども達にとってもスポーツ選手への憧れが努力を生む。議員が問題を共有してスポーツ振興に力を尽くしたい」と述べた。
 その他に、自民・前田清貴、山田雅敏、鈴木喜明、酒井隆行、中村吉宏、公明・秋元智憲、立憲民主・林下孤芳、共産・高野さくら、無所属・中村岩雄各議員が参加。
 同連盟は、5月1日(火)から正式に発足する。