副市長に前総務部長の前田氏 2定に提出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


maeda.jpg 森井秀明小樽市長は、前総務部長の前田一信氏を副市長に選任する案を、第2回定例会に提出する事を、5月24日(木)付けで発表した。
 上林猛氏が、昨年12月に辞職してから、副市長不在となっていた。
 前田氏は、昭和56(1981)年に採用され、財政部・総務部職員課長・建設部・コンプライアンス推進室長等を経験し、平成28(2016)年7月に会計管理者だった同氏を総務部長に抜擢。今年3月で定年退職し、4月から小樽市総合博物館に再任用されている。
 市長は、「前田氏は、総務部長として、市政運営や議会との調整に手腕を発揮されたことから、副市長としても、能力を発揮してもらえると考えております。議員の皆様からの同意をいただき、新たな副市長の支えの下、市民の皆様と約束した公約実現のため、全力で市政運営に取り組んでもまいります」とコメントした。
 関連記事1
 関連記事2