劇団カッパ座"ふたりの王子"  8/16小樽公演

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 等身大のぬいぐるみ人形の「劇団カッパ座」による小樽公演が、8月16日(木)18:00に市民センター(色内2)マリンホールで開演する。
0816kappaza.jpg 1968(昭和43)年に誕生した同劇団は、全国各都市で公演を展開中。
 小樽では、1970(昭和45)年に市民会館で公演を実施して以来、毎年多くの市民が鑑賞し楽しんでいる。
 今年の演目は、アメリカ作家のマーク・トウェインの児童文学作品「乞食王子(1881年作)」を、同劇団のテーマ「相手の気持ちを理解する思いやり」に合わせた独自の演出により、オペレッタ「ふたりの王子」として、子どもから大人まで楽しめる作品に仕上げた。
 劇団の合言葉、「やくそくまもろう」・「なかよくしよう」・「あいさつしよう」に、子ども達の笑顔を乗せて公演する。
 ふたりの王子 8月16日(木)開場17:30・開演18:00
 小樽市民センター(色内2)マリンホール
 前売券:中学生以上2,500円・小学生以下1,500円・3歳未満無料
 当日券:中学生以上2,900円・小学生以下1,900円
 チケット取扱い:セブンイレブン各店・市民センター
 関連記事