夏を締めくくる盆踊り! 小樽龍宮神社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽の短い夏を楽しむ龍宮盆踊り大会が、8月17日(金)18:00~20:00に、龍宮神社(稲穂3)境内で開かれ、近隣の子どもや大人約100名が集まり、盆踊りや縁日を楽しんだ。
ryugubonodori1.jpg 同神社周辺地域の有志が中心となり、昨年復活した盆踊りを、今年もみんなで楽しもうと開催された。
 朝からあいにくの雨模様となり、天気が心配されたが、夕方になるにつれて月が見えるほど晴れ渡り、無事に開催できスタッフを安心させた。
 会場中心部に櫓と太鼓が設置され、周辺には屋台が並んだ。中央市場の樽っこでは人気のザンギや焼きそば、梁川通りの美容室クレバーはシューマイやココアなどの温かい飲み物を販売。踊りの合間に利用して、乾いた喉や胃袋を満たした。子ども達には、玩具くじやスーパーボールすくいなどの縁日コーナーもあり、祭り気分を存分に堪能した。
ryugubonodori2.jpg 踊り指導役には、同じ町内会で日本舞踊藤間流の藤間扇久華さんが務め、子ども達に喜ばれる「子供盆踊り」や、意外と大人にも喜ばれる「ドラえもん音頭」、小樽ならではの「潮音頭」や「潮踊り唄」、盆踊り定番の「北海盆踊り」、2年後の東京オリンピックを意識して「東京五輪音頭」で盛り上がっていた。
 場所を提供した龍宮神社の本間宮司は、「地域の方々が地域を盛り上げようとする情熱を、神社としても大切にしたい。多くの皆さんが集まって楽しめる場所でありたい。神社にとっても素晴らしい」と話した。
 神社周辺にも、盆踊りの曲が響きわたり、境内には踊りを楽しむ人々が行き交い、短い夏を楽しんだ。2時間ほど踊りは続き、最後は小樽らしく潮音頭で締めくくった。
 関連記事