ワインカーニバル復活! 10/13(土)開催

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 胆振東部地震の影響で中止となった「第32回ワインカーニバル in おたる」を復活させ、元気な小樽に遊びに来て!と、10月13日(土)10:00~15:00に、北海道ワイン株式会社SL広場(朝里川温泉1)で、「北の収穫祭ワインカーニバル with 小樽のゆかいな仲間たち 小樽元気宣言!小樽でお・も・て・な・し!!」の開催を決定した。
 北海道ワインが主催していた秋の恒例行事の同カーニバルは、毎年約1万人の来場者で賑わっていた。しかし、地震の影響でやむなく中止。
winecarnival.jpg そこで、今回は、北の収穫祭ワインカーニバル with 小樽のゆかいな仲間たち実行委員会(嶌村公宏代表取締役)、小樽市・小樽観光協会の共催の下、地震後落ち込む観光客を呼び戻そうと計画。
 北海道ワインはもちろん、初出店の田中酒蔵・小樽ビール・北海道麦酒・オサワイナリー等、小樽BYO参加の酒蔵メーカーの酒が集結。小樽あんかけ焼そば親衛隊や鰊群来太郎丼の新ブースと併せ、しりべしコトリアードや地元店舗を主体とした秋の味覚が詰まった約30ブースが並ぶ。ステージでは、ワインカーニバルの顔・湯原昌幸、小樽出身の叶やよいの歌謡ショーや、初出演のオペラシンガーのラ・エッセンツァ、瀬戸葵のポップスショーで盛り上げる。
 北海道ワイン杯コルク抜き大会は、20歳以上の男女各10名が参加。参加希望者は、12:00頃からステージ横の本部テントで抽選券(100枚程度)を配布する予定。
 会場に通じる道路の渋滞や飲酒運転を防止するために、無料送迎バスを9:00から10~15分間隔で運行。JR小樽駅前ルートと、新光・朝里・桜・望洋台ルートの2便で、駅前ルートでは、新たに、寿司屋通りと運河ターミナル付近に停留所を設け、花園や堺町通りにも繰り出しやすくした。
 親しまれているワインカーニバルの名付け親である同協会・久末智章副会長は、「元気な小樽を見て楽しんでもらいたい」と熱く呼びかけ、被災地へ売上の一部を寄附するため、同協会では募金箱を設置する予定。
 北の収穫祭ワインカーニバル with 小樽のゆかいな仲間たち 小樽元気宣言!小樽でお・も・て・な・し!!について
 関連記事