「小樽写真散歩」by akemi iwata《紅葉とリス!晩秋の中野植物園》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 紅葉の季節も終盤となり、落ち葉の季節となった11月5日(月)は、最高気温13.8℃(14:48)を記録し、この時期としては暖かい穏やかな日となった。
 秋の中野植物園(清水町26・中野平八郎園長)を覗いてみた。私設の同園は、家族の力で100年以上も続き、2015(平成27)年に、北の造園遺産に認定された、撮影スポットとしても人気がある。
 開園は、4月下旬から積雪までの9:00~17:00。受付の人の話では、今年は、もみじは綺麗に色付き、ゆっくり楽しめるという。


 門をくぐると、真っ赤なもみじがお出迎え。石の散策路には、落ち葉が大量に敷き詰められ、晩秋の風情に浸る。葉っぱの上を歩くとサクサク秋の音が心地よい。鳥の囀りと落ち葉の音に癒されながら、上に登っていく。



 アジサイやオオバユリも秋の顔に。頂上付近は路が落ち葉に埋もれている。


 黄色や赤、まだらな葉っぱ・・・色とりどりで楽しい



 熊に見える? 手作りの森のクリスマスツリー


 2匹のリスに遭遇。地面に隠した食べ物を口で運び、枝の上でもぐもぐ食べている。
 何度見ても愛くるしい。