サンモール一番街と都通り商店街 新春合同企画!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽都通り商店街振興組合(小林満理事長)と小樽サンモール一番街商店街振興組合(三ツ野篤久理事長)は、年明けの1月3日(木)~7日(月)の5日間に、震災復興支援を兼ねて、合同で新春くじ引きチャンスを開催。
 都通り商店街新春恒例の「新春みやこ市」と、9月6日に発生した胆振東部地震の被災地を応援しようと、復興支援事業を合わせて企画した。
 これまで同市は2日からだったが、今回は3日からとなり、初売りは各店舗それぞれで行う。
arcadeevent.jpg 2019年お年玉付き年賀はがき下2桁で商品券1,000円分プレゼントは、3日11:00から都通り商店街ぎんざ横で。番号は元旦の新聞折込チラシで確認を!
 同企画の目玉は、両商店街加盟約100店舗が参加。買物レシート2,000円分を1回として、1人最大5回まで引くことができる。両商店街のレシートを合算しても良い。
 特賞にあたる大吉は、むかわ町ホテル四季の風1泊2日ペア宿泊招待券を3組、中吉に被災地(厚真・安平・むかわ)の特産品50本、小吉は加盟店舗協賛品100本、残り全部の末吉はししゃも醤油入り「あめせん」他。
 被災地特産品のチャリティー販売を行い、売上の一部を義援金に充てる。厚真のハスカップジャム・安平のカマンベールチーズ・むかわの干しししゃも等を販売する予定。
 両商店街に、応援メッセージが書き込める旗や緑色の募金箱を、各商店街加盟店舗に設置し、募金を呼びかける。
 小樽開発建設部の協力で、胆振東部地震の復旧・復興に関するパネル(A1 )を10~20枚展示する。
 3日は11:00から潮太鼓打演が響く中、都通り特設会場(旧石川屋)で甘酒200食、14:00から桂苑前でつきたての餅100個を配布、5日(土)は、サンモール一番街ニュー三幸前で、むかわ町のししゃもを使ったししゃも汁を振舞い、同日と翌日は、北海道育成アイドル「北乃カムイ」のSAYANOとASAHIがやってくる。
 三ツ野理事長は、「店舗数の減少により企画できなかったが、声がかかり、震災復興支援も参加でき喜んでいる。道民の1人として応援し、復興のお役にたちたい」と話し、都通り商店街振興組合に加盟の株式会社ぎんざ・鳴海大代表取締役社長は、「お買い物をするとくじ引きのチャンスがあり、復興支援に繋がる良い機会。楽しいイベントもあり、ぜひ町へ出て来てもらいたい」と来場を呼びかけた。
 サンモール一番街
 小樽都通り商店街