巨大しめ飾りお目見え! 小樽市役所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


shimekazari1.jpg 仕事納めの12月28日(金)10:00、小樽市役所(花園2)本庁舎本館正面に、巨大なしめ飾りを設置。ひと足早く正月ムードを高めた。同所を訪れた市民らは、大きなしめ飾りに見惚れていた。
 このしめ飾りは、財団法人おたる自然の村公社の好意により、毎年無償で設置している。
 同社のしめ飾り講師・工藤正道指導課長と職員で、2日かかりで手づくりし、願いを込めて170cmもある特大しめ飾りを完成させた。
shimekazari2.jpg
 28日は、末広がりの八がつく縁起の良い日で、新年を迎える準備のひとつとして、工藤指導課長と市の職員が脚立に上り、正面玄関に設置した。
 材料のスゲは青森の農家から取り寄せているが、今年の夏の天候が悪くスゲの成長に影響し、長いものが取れなかったが、短いものを上手に使い、練り込み式の編み方で、トドマツをあしらい土台を作り、紙垂(かみしで)・裏白(うらしろ)・譲り葉は巨大なしめ飾りに合わせ、おめでたいの意味がある大きな鯛などの飾りを取り付けた。
 工藤指導課長は、「市長も変わり、気持ちも新たに、新しい年を迎えてもらいたい」と述べた。
 しめ飾りは、1月7日(月)のどんど焼きまでには取り外され、近くの神社で焼かれる予定。