小樽市成人式! 約900人が集う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽市と同教育委員会主催で、同成人式運営委員会の企画・運営による「小樽市成人式」が、1月13日(日)14:30から小樽市市民会館(花園5)大ホールで開かれ、約900人の新成人が集った。
seijinshiki1.jpg
 今年の対象者は、1998(平成10)年4月2日~1999(平成11)年4月1日に生まれた小樽市民で、昨年より6人少ない1,036人(男533人・女503人)。
 会場には、振袖やドレス、袴や真新しいスーツ姿で着飾った新成人が訪れ、華かな雰囲気に包まれた。成長した友との久しぶりの再会を喜ぶ姿も見られた。
 式典で、迫俊哉市長は、「これからいろいろなところで活躍される方も多いでしょう。ある人は故郷を離れ、ある人は地元で頑張る道を選ぶこともあると思います。
seijinshiki2.jpg
 人生を歩む道の中で、どこにいても皆さんのふるさとである我が町小樽に誇りを持って、自分の信じる道を逞しく歩んでください」とエールを贈った。
 成人を代表して小樽市立高等看護学院2年・吉田さくらさんと播磨ななみさんは、「本日この時から、成人式のテーマにありますように、新たな気持ちで、夢へ、未来へ、明日へ、進んでいきたいと思います。
 本日が私たちの新たな夢への一歩となり、それぞれの道で、なお一層の努力を積み重ね、心豊かな成人として、新しい時代を築くことを誓います」と誓いの言葉を述べた。
seijinshiki3.jpg
 抽選会では、市内13の企業から景品の寄贈があり当選した35名へ贈られた。引き続き、恩師からのビデオメッセージが上映され、懐かしい顔が画面に映るたびに歓声が沸いた。
 表千家小樽吉祥会(布施宗悦代表)と桜陽高校茶道部22名によるお茶席が設けられ、新成人に茶と菓子が振舞われた。人力車に乗って記念撮影するコーナーでは、友人と一緒に思い出の1枚を撮影した。
 会社員の山内智大君は、「仕事を長く安定させて、社会人らしく頑張ろうと思う」と抱負を述べていた。
 平成31年小樽市成人式のお知らせ
 関連記事