おたる水族館春支度!アザラシの引越し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 おたる水族館(祝津3)は、3月16日(土)からの通常営業に合わせ、春支度が急ピッチで進められている。
 そのひとつである海獣公園の時化から守るため冬期プールに避難していたゴマフアザラシとゼニガタアザラシ29頭を、波が穏かになるこの時期に、夏期プールに移動する「アザラシの引越し」が、12日(火)10:00から行われた。
0312otaruaqua1.jpg
 予め冬期プールの水を抜いて作業をしやすいように準備。悪天候が心配されていたが、曇空の下、作業の段取りを把握しているドライバーが運転する4トントラックが、移動用の檻を2つ載せて現れた。アザラシ達は、トラックの音に惑わされ、落ち着かない様子で引越しを待っていた。
 ヘルメットとサロペットのカッパ姿の担当飼育員が勢揃いで、柵を越えてプールに入り、はじめに、オスのアザラシ10頭から柵を持って檻の方へと誘導。
 檻に入れられたアザラシ達は、あたりをキョロキョロ眺めながら少し不安げな様子。トラックのクレーンに吊り上げられ荷台に積まれて、夏期プールまで運ばれた。
0312otaruaqua2.jpg
 プールまで自力で移動できる場所に檻を降ろし、扉を開けるとプールめがけて一目散に移動。4ヶ月ぶりに住み慣れた広いプールで悠々と泳ぎ始めた。
 この作業を、オス・メス・高齢アザラシと3回に分けて行った。
 濱夏樹飼育員は、「今年もアザラシ達が無事に冬を越え、恒例の引越しの日となった。いよいよ通常営業が始まると感じている。広いプールに移動してアザラシ達は安心した様子」と話した。
 16日は9:00にオープニングセレモニーを行い、通常営業がスタート。冬期間も練習を重ねてきた各ショータイムやペンギンの海まで遠足、たこの驚くべき能力や生態を探る特別展「たこ」に注目が集まる。隣接する遊園地は、4月20日(土)から営業開始。
 おたる水族館HP
 関連記事〜アザラシの引越し
 関連記事〜おたる水族館 3/16から通常営業開始