《道議選》前回の激戦再現か?僅差で4氏の争い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 3月21日(木)告示・4月7日(日)投開票の知事選に次ぎ、統一地方選の第2弾、北海道議会議員選挙が、3月29日(金)告示・4月7日(日)投開票で行われる。
 小樽市選挙区(定員3)の立候補予定者への市選管説明会(2/18)には、前回も立候補した4氏が参集し、再び前回の激戦を繰り広げることになりそうだ。
 市内では、実質的な選挙活動が行われており、各陣営は集会を開くなど、市民の取り込みに必死となっている。
 前回(平成27年4月12日執行)の道議選の結果(得票順)
   1.八田もりしげ  (自民・現)15,772 当
   2.菊池よう子   (共産・新)14,990 当
   3.かわすみ宗之介 (民主・新)14,779 当
   4.佐藤ただひろ  (自民・現)14,524 -
 投票者数61,409 有効投票数60,065 無効投票数1,343 持ち帰り1
 4氏の内、3氏が14,000票台に並ぶ激戦で、当落ラインは、わずか255票差の僅差、2位3位の票差もわずか211票の僅差だった。
 誰が落ちても不思議ではない激突で、今回も同じ顔ぶれでの再戦となり、誰が貧乏くじを引くかが注目の的となっている。
2019HokkaidoCongresslist1.jpg
 北海道議会議員 八田もりしげ オフィシャルサイト
 日本共産党北海道議会議員 菊地よう子ブログ
 北海道議会議員 かわすみ宗之介ホームページ
 佐藤ただひろホームページ
 関連記事